NEWS 104 いろいろ新製品
さまざまなジャンルの新製品、新リリース情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブリキの太鼓 ディレクターズカット ブルーレイ [Blu-ray]
ブリキの太鼓 ディレクターズカット ブルーレイ [Blu-ray]ブリキの太鼓
ディレクターズカット ブルーレイ [Blu-ray]

(2012/11/22)
ダーヴィット・ベネント、マリオ・アドルフ 他

Amazon.co.jp で商品詳細を見る


 発売予定日は2012年11月22日です。


カンヌでのパルム・ドール受賞から31年。

監督V・シュレンドルフが長年の悲願を成し遂げ、ついにディレクターズ・カットで誕生&初Blu-ray化


●映画史における最高傑作を、連続初Blu-rayリリース <シネフィル・イマジカレーベル>第1弾。
 映画史の中で、今もなお最高傑作とされる洋画を、充実した仕様のもと初ブルーレイ化する<シネフィル・イマジカレーベル>。
 何度観てもすばらしい! 映画ファンを虜にしてきた数々の名作が、高音質・高画質で蘇ります。

●幻の未収録シーンを20分以上追加したディレクターズカット版を本邦初リリース!
 公開30年を機に初めて実現したこのディレクターズ・カット版は、当時の配給先との契約上の理由で泣く泣くカットした部分を追加し、さらに再編集を施したもの。
 追加部分の音声は、当時の磁気テープが劣化しており使い物にならなかったため、俳優たちによる吹きかえが再度行われたという。

 オスカルが怪僧ラスプーチンの朗読を聞いて情景を夢想するシーンや、オスカルの父が衛生局の役人と口論するシーンほか、当時の時代背景から遠のいている今日の観客の理解を助けるため、戦争当時の本物のニュース映像等も追加され、これまでリリースされてきた劇場公開版にはない幻の20分あまりが新たに加わっている。

●本編音声を世界的エンジニアのオノ・セイゲン(サイデラ・マスタリング)が新たにリマスタリング!
 <オノ・セイゲン>
 録音エンジニア、マスタリング・エンジニアとして坂本龍一、マイルス・デイヴィス、パフィー等の作品を手がけるほか、ミュージシャンとしても海外のジャズ・フェスに出演する、世界に誇る逸材。
 日本で最も優れた耳を持つ彼が、BDでの視聴時に最高の音が再生されるよう、映画の音のリマスタリングに挑む。

●今回のために録り下ろされた監督フォルカー・シュレンドルフの24分に及ぶ最新インタビュー収録や特製ブックレット封入など、映画ファンを満足させる充実の仕様。
 インタビューでは42歳のダーヴィット・ベネント(オスカル役)が追加シーンのために声を吹き込む姿も見られる(彼の声はデジタル処理した上で使われた)。

●映像特典
 監督フォルカー・シュレンドルフの最新インタビュー「ディレクターズ・カットに寄せて(仮)」(2010年収録/24分)(予定)

●特典
 12ページ特製ブックレット(表紙を人気イラストレーター100%ORANGEが『ブリキの太鼓』をモチーフに描き下ろし/目次:原作者ギュンター・グラス、監督フォルカー・シュレンドルフの手記 ほか)

<100%ORANGEとは>
 第13回日本絵本賞大賞を受賞し、「新潮文庫Yonda?」のパンダのイラストでも知られる人気イラストレーター。
 本BDの本編オープニングにも、シネフィル・イマジカのレーベルロゴとして100%ORANGEが本レーベルのために作ったショートアニメが使用される。

●仕様
特製透明ケース仕様

●ストーリー
 時は1920年代、ところはポーランド。
 ポーランド人、ドイツ人、ロシア人、ユダヤ人などが混在する港町ダンツィヒ(現グダニスク)で3歳の誕生日を迎えた少年オスカルは、母アグネスからブリキの太鼓を買い与えられる。
 大人たちの醜い世界に嫌気がさしたオスカルは、階段から落ちることで自らの成長を止め、太鼓を叩きながら奇声を発することで周囲のガラスを破壊する能力を得る。
 ナチスの台頭が町を脅かし、家族を悲劇が見舞う中、オスカルは、かつて友情を育んだ小人症のサーカス団長ペプラの一座と一緒に、さすらいの旅に出る……。

●スタッフ
監督:フォルカー・シュレンドルフ 製作:フランツ・ザイツ 製作:アナトール・ドーマン 脚本:フォルカー・シュレンドルフ、ジャン=クロード・カリエール、フランツ・ザイツ 台詞:ギュンター・グラス 撮影:イゴール・ルター 音楽:モーリス・ジャール

●出演:ダーヴィット・ベネント、マリオ・アドルフ、アンゲラ・ヴィンクラー、ダニエル・オルブリフスキー、シャルル・アズナヴール、カタリーナ・タルバッハ他

1979 ARGOS FILMS & SEITZ FILM PRODUCTION

仕様・デザイン等は変更の可能性があります。ご了承下さい。

関連記事

テーマ:新商品 - ジャンル:ニュース

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 NEWS 104 いろいろ新製品 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。