NEWS 104 いろいろ新製品
さまざまなジャンルの新製品、新リリース情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Nikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK LK レンズキット ブラック
Nikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK LK レンズキット ブラックNikon デジタル一眼レフカメラ D3200BK LK レンズキット ブラック
(2012/05/31)
ニコン

Amazon.co.jp で商品詳細を見る


 この商品の発売予定日は2012年5月31日です。

 
「D3200」は、有効画素数約2400万画素(24.2メガピクセル)のニコン新開発のDXフォーマットCMOSセンサーと、上位機種の「D4」や「D800」、「D800E」と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」を採用し、高画質・高精細な画像が撮影できます。

 さらに分かりやすくなった「ガイドモード」を搭載し、本格的な撮影が手軽に楽しめます。

 そして、ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」(別売)を装着することで、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイス※1と連携しワイヤレスでの画像の転送※2やリモート撮影に対応するなど、ユーザーのさらなる利便性を高めています。
※1スマートフォンではAndroid OS 2.3系、タブレット端末ではAndroid OS 3.x系に対応。
iOSデバイスには今秋対応予定。
※2事前にスマートデバイスに「Wireless Mobile Adapter Utility」(Google PlayのPlayストアから無料でダウンロード可能)をインストールする必要あり。


1.高画質・高感度を実現する、有効画素数約2400万画素(24.2メガピクセル)の新開発DXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 3」
 「D3200」は、有効画素数約2400万画素(24.2メガピクセル)の新開発のニコンDXフォーマットCMOSセンサーと上位機種の「D4」や「D800」、「D800E」と同じ画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載。常用感度はISO 100~6400で、さらに、Hi1(ISO 12800相当)までの増感設定が可能です。

 デジタル一眼レフカメラ用に高速化・高性能化した画像処理エンジン「EXPEED 3」により、忠実な描写と鮮やかな色再現、広いダイナミックレンジを実現しています。
 暗いシーンで静止画を高感度撮影する際、高度なノイズ低減処理で、鮮鋭感を保持しつつ効果的にノイズを抑えます。
 動画撮影でもノイズ低減処理により、暗いシーンでも鮮明さとシャープな輪郭を保つことが可能です。

2.さらに使いやすく進化した「ガイドモード」
 前機種「D3100」で好評の「ガイドモード」をさらに分かりやすく、使いやすく進化させました。
 液晶モニターに表示されるガイドに従って操作するだけで、状況や被写体に合わせた撮影、再生・編集、各種設定ができます。

アシスト画像とシーンの説明文を表示: 撮影メニューを選ぶ際に、設定の効果を事前に確認するためのアシスト画像とシーンの説明文を表示します。
 「夜景をバックに人物を撮る」、「花や小物をアップで撮る」など場面に適した撮影、「背景をぼかして撮る」、「水の流れを撮る」などテクニックを使った撮影など、手軽に楽しむことができます。

 「テクニックを使って撮る」に新たなシーンを追加: ガイドモードの「テクニックを使って撮る」に新たなシーンとして、ホワイトバランスを調整して「夕日を赤く撮る」、露出補正をして「明るい雰囲気で撮る」や「落ち着いた雰囲気で撮る」、感度自動制御を使用して「ブレを防いで撮る」を追加しました。撮影の幅が広がり、カメラの機能を駆使した撮影方法も習得できます。

3.スマートデバイスとの連携対応でワイヤレス転送、リモート撮影が可能
 ワイヤレスモバイルアダプター「WU-1a」(別売)を装着することで、「D3200」で撮影した静止画や動画をスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスにワイヤレス転送可能。

 また、撮影時にスマートデバイスの画面上で被写体を確認しながらのリモート撮影も可能です(リモート撮影は動画非対応)。
 スマートデバイスとの連携により、撮影・再生・共有の新たな楽しみが広がります。

4.1920×1080/30pのフルHD対応した高画質な動画撮影ができる「Dムービー」搭載
 シャッターボタンの脇にある動画撮影ボタンを押すだけで、高画質なフルHD動画撮影機能「Dムービー」をスタートできます。
 また、ガイドモードで設定した絞り値などをそのまま動画撮影にも適用できます。
 広角レンズ、望遠レンズなど豊富なNIKKORレンズを動画撮影にも活かすことで、デジタル一眼レフカメラならではの映像表現が楽しめます。

 「常時AFサーボ(AF-F)」とターゲット追尾AFを組み合わせれば、動く被写体を追いかけながらのピント合わせが可能です。
 また、顔認識AFでは、カメラが自動的に顔を認識するので、人物の顔にしっかりピントが合った動画が撮影できます。

 さらに、撮影した動画は液晶モニターで見られるだけでなく、前後の余分な部分をカットし、動画から静止画を切り出すなど、カメラ内での動画編集も可能です。

 編集時に、始点と終点の設定を同一画面で同時に行え、保存前に編集画像のプレビュー表示ができるなど、編集した画像がイメージしやすいように操作性を改善しています。
 また、外部ステレオマイクに対応し、ステレオ録音も可能です。

5.大きく見やすい3型、約92万ドットの広視野角液晶モニターで楽しめるライブビュー撮影機能
 押すだけですぐにライブビューをスタートできる「ライブビューボタン」を設置。液晶モニターは約92万ドットの広視野角3型を採用。被写体に合わせて、「ノーマルエリアAF」「ワイドエリアAF」「顔認識AF」「ターゲット追尾AF」の4つのAFエリアモードを選べます。



 ステレオマイクロフォンME-1



 ワイヤレスモバイルアダプターWU-1a 
 D3200のUSB/オーディオビデオ出力に取り付けて使用する製品で、専用アプリを介してAndroid OS 2.3系のスマートフォン、Android OS 3.x系のタブレット端末に撮影画像を転送できる。専用アプリの名称は「Wireless Mobile Adapter Utility」。WU-1a、Android端末間の通信には、IEEE802.11b/gを用いている。

 2012年秋にはiOSにも対応する予定。

 画像転送だけでなく、Android端末のディスプレイをカメラの液晶モニター代わりとし、自由なアングルで撮影できるリモート撮影機能も有している。



 Nikon GPSユニット GP-1





関連記事

テーマ:新商品 - ジャンル:ニュース

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 NEWS 104 いろいろ新製品 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。