NEWS 104 いろいろ新製品
さまざまなジャンルの新製品、新リリース情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FUJIFILM デジタルカメラ X10 1200万画素 2/3型EXR-CMOS F FX-X10
FUJIFILM デジタルカメラ X10 1200万画素 2/3型EXR-CMOS F FX-X10FUJIFILM デジタルカメラ X10 1200万画素 2/3型EXR-CMOS F FX-X10
(2011/10/22)
富士フイルム

Amazon.co.jp で商品詳細を見る


 この商品の発売予定日は2011年10月22日です。

 クラシックな外観を特徴とするレンズ一体型デジタルカメラ。
 カラーはブラックのみだが、3月に発売した「FinePix X100」のテイストを随所に取り入れている。
 富士フイルムでは「プレミアムコンパクトデジタルカメラ」と称している。

 ボディの天面と底面はFinePix X100と同様にマグネシウムダイキャストを採用。

 モードダイヤルやレンズリングはアルミの削り出しで、質感を高めたという。

 外装には耐久性に優れるというレザー調仕上げの合成皮革を使用。滑りにくく手に馴染むという。ストラップは両吊りとなっている。

 各ダイヤルやレリーズボタンの操作感にもこだわった。
 上面にはシャッターボタン、モードダイヤル、露出補正ダイヤル、Fnボタン、ホットシュー、手動ポップアップストロボを備える。

 シャッターボタンには、機械式レリーズケーブルを装着可能。
 シャッター音は、FinePix X100で好評だったという3種類を収録した。

 背面には「メインコマンドダイヤル」と「サブコマンドダイヤル」を備える。FinePix X100と同じく、背面上部に“MADE IN JAPAN”の表示がある。

 1/2型センサー(FinePix F550EXR)に比べて約2倍の面積になるという2/3型EXR CMOSセンサーを採用した。
 画素数は1,200万画素。

 「高感度・低ノイズ優先」、「ダイナミックレンジ優先」、「高解像度優先」を切替えて撮影できる独自のEXR技術を引き続き搭載した。
 RAW記録にも対応する。
 また、EXRプロセッサーの高速処理によりフル画素で7コマ/秒の連写を実現。
 加えて、フルHD(1,920×1,080ピクセル、30fps)撮影機能は2/3型センサー搭載機では初めてとしている。
 音声は前面のステレオマイクで収録する。

 レンズは35mm判換算の焦点距離28-112mm相当、F2-2.8の4倍ズームレンズ。
 非球面レンズ3枚6面、EDレンズ2枚を含む9群11枚構成。全てのレンズをガラス製とした。
 レンズシフト式の手ブレ補正機構を採用している。
 絞りは7枚羽根。FinePix X100と同じく、ボディ上面に“FUJINON LENS SYSTEM”のマークが入る。
 超解像技術により光学4倍ズームと併用して解像感のある8倍ズームが可能だという「超解像ズーム」も利用できる。

 ズーム操作は、鏡筒のズームリングで行なう「マニュアルズームレンズ」となっている。
 鏡筒は鏡枠沈胴方式を採用。
 ただし、電源OFFでも完全に鏡筒がボディに沈胴するわけではない。
 ズームリングを回すと連動して電源が入り、鏡枠が繰り出す。
 その後さらにズームリングを回転させると、望遠側にズームできる仕組み。

 ズームリングは電子式ではなく機械連動式。
 鏡筒には28/35/50/85/112mmの焦点距離位置に表示を設けた。

 コンパクトデジタルカメラでは採用例が少なくなっている光学ファインダーも搭載した。
 光屈折ガラスプリズムと非球面レンズ3枚を使用することで、明るく見やすいファインダーを実現したという。
 ファインダーの画角はマニュアルズームに連動する。視度調節ダイヤルも備える。

 そのほか、電子水準器、99パターンの撮影条件の組み合わせで自動的にカメラを最適に設定するシーン認識機能、Velvia/PROVIA/ASTIAなどの仕上りを楽しめる「フィルムシミュレーションモード」、「ぐるっとパノラマ360」などの機能をを引き続き採用した。


 メーカー商品情報ページはこちらです。
  http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/x10/
関連記事

テーマ:新商品 - ジャンル:ニュース

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 NEWS 104 いろいろ新製品 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。