NEWS 104 いろいろ新製品
さまざまなジャンルの新製品、新リリース情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キヤノン 業務用フルHDビデオカメラ XA20 8453B001
キヤノン 業務用フルHDビデオカメラ XA20 8453B001キヤノン 業務用フルHDビデオカメラ XA20 8453B001
(2013/06/20)
キヤノン

Amazon.co.jp で商品詳細を見る


 この商品の発売予定日は2013年6月20日です。

光学20倍ズーム、約291万画素CMOSセンサー、DIGIC DV 4。

映像の入口から出口まで、すべてが先進。



 新開発の26.8※-576mm F1.8-2.8光学20倍ズームレンズを搭載。

 放送用カメラレンズおよびEFレンズ開発で培った独自の光学技術を投入し、小型レンズユニットで困難だった広角化、高倍率化を実現しました。
 Hi-UD(異常低分散ガラス)をはじめとする高性能硝材をふんだんに用いて各種収差を補正。
 広角から望遠までヌケがよく、鮮明な映像を記録できます。
※新ダイナミックモード ON時は28.8mm。
※レンズ焦点距離は35mmフィルム換算値。


 最短撮影距離はズーム全域で60cm、ワイド端で1cm。最短26.8mmの広い画角と相まって、狭い場所での撮影や遠近感を強調した構図など、さまざまな撮影条件と表現意図に対応します。
 また、望遠側で被写体に近づけば、ディテールまで鮮明なクローズアップが手軽に撮影できます。

 EFレンズ技術を展開し、キヤノンのカムコーダーとして初めて円形絞りを実現。

 夜景やイルミネーションなどの点光源、背景のボケ味をより美しく表現できます。
 またEMD技術により絞り口径制御のさらなる高精度化を図りました。


 ズーミングに伴う移動レンズ群のひとつが手ブレ補正機構を兼ねる、3次元リアルタイムレンズ機構を採用しました。
 専用の防振レンズユニットを必要としないため小型化が可能。
 またレンズ設計の自由度が高まり、高画質化と広角化・高倍率化を高度に追求できます。
 また高倍率を使いこなすためのズーム速度、静粛性にも貢献しています。

 新HDビデオレンズに最適化した新開発の撮像素子を搭載。

 有効約291万に高画素化、1/2.84型に大型化を図り、分解能とS/N比を向上、ダイナミックレンジを拡大しました。
 引き締まったシャドー部、豊かな階調で、画質優先の映像制作現場の高度な要求に応えます。


 処理能力を高めた次世代の映像エンジン、DIGIC DV 4を搭載。

 優れたノイズ処理能力により、特にシャドー部の描写力が向上しました。
 低照度画質の向上により最低照度も1.2lux(1/30秒)に拡大。
 従来は撮影が困難だった環境にも対応が可能です。また、回転歪みに対する電子補正※を実現。
 従来の光学式との相乗効果で、手ブレ補正機能をさらに進化させています。
 さらに、動画形式の拡充や2枚のメモリーカードへの同時記録など、画質と撮影機能の大幅な向上を可能にしました。
※新ダイナミックモード ON時


 動画形式はAVCHDに加え、新たにMP4を用意。

 いずれも1920×1080のフルHDを最大59.94Pで記録できます。
 MP4の録画モードは35Mbpsから3Mbpsまで幅広いビットレートをカバー。
 3Mbpsは、内蔵Wi-Fi機能を用いたアップロードなどに有効です。

 撮影・記録とも毎秒24フレーム(23.98P)記録に対応。プルダウン変換処理を行わないため、画質低下の心配がありません。
 また、フィルム素材と混在編集を行う場合はもちろん、シネマやBlu-rayを前提とした映像制作時も、23.98Pのタイムライン上でポストプロダクト処理が行え、制作の効率が高まります。

 2基のカードスロットを装備。

 2枚のSDメモリーカードを使用し、一方のカードから他方へとリレー記録することで長時間の収録に対応できます。
 また、同時記録※も可能。
 バックアップを確保したい場合に有効です。さらに異なる動画形式と録画モードでも同時記録でき、AVCHD(24Mbps LPCM)で撮影しつつ、MP4(3Mbps)を速報やプロキシに用いるといった、柔軟な運用が可能です。
※録画モードがAVCHD:28Mbps LPCM(59.94P)/28Mbps(59.94P)、MP4:35Mbps(59.94P)のとき、またはカメラモードが「シネマモード」のとき、同時記録はできません。


 撮影状況に応じて4種類のIS制御をカメラが自動で切り換えます。
 「新ダイナミックモード」、望遠撮影時に問題となる低周波の揺れを効果的に補正する「パワードIS」、角度ブレとシフトブレを高精度に検出・補正する「マクロIS」。
 これらと「三脚モード」をカメラが最適に設定するため、撮影のたびにモードを切り換える煩わしさがなく、良好な補正効果が得られます。

 カメラ単体で無線ネットワークとリンク。
 2.4GHzおよび5GHz帯域をサポートし、ネットワーク環境や電波干渉といった条件に柔軟な対応が可能です。
 撮影した映像を指定したFTPサーバーに転送でき、取材先から速報用映像を送るなど、多様な業務用途に対応します。

 3.5型、約123万ドット相当の大型・高精細、有機ELパネルを採用しました。

 コントラスト比は1:10000、色再現性約100%(NTSC比)、応答特性1ms未満。
 クリアかつ残像の少ない映像で、長時間の撮影時も眼の疲労を抑えられます。

 静電容量方式タッチパネルを採用。一般的な抵抗膜方式よりも操作感が軽く、設定がスムーズかつ快適です。

 ビューファインダーは約156万ドット相当。高精細な表示により、ディテールの確認やピント合わせが容易です。外光を効果的に遮断する新形状の大型アイカップを標準装備。
 上方45°のチルトが可能で、ウェストレベルやローアングルでも自然な姿勢で接眼できます。

 キヤノン ハンドルユニット HDU-1 8646B001(別売)にはINPUT端子(XLR入力)、赤外ライト、タリーランプ、コールドシュー、ハンドルズームなどを装備。
 高品位な音声記録や低照度下での撮影に有効です。

関連記事

テーマ:新商品 - ジャンル:ニュース

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 NEWS 104 いろいろ新製品 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。