NEWS 104 いろいろ新製品
さまざまなジャンルの新製品、新リリース情報。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザ・ローリング・ストーンズ50周年記念ドキュメンタリー クロスファイアー・ハリケーン 日本限定盤+US盤ボーナス7曲追加ヴァージョン【初回数量限定生産2,000セット/Blu-ray/日本語字幕付】
ザ・ローリング・ストーンズ50周年記念ドキュメンタリー クロスファイアー・ハリケーン 日本限定盤+US盤ボーナス7曲追加ヴァージョン【初回数量限定生産2,000セット/Blu-ray/日本語字幕付】ザ・ローリング・ストーンズ50周年記念ドキュメンタリー クロスファイアー・ハリケーン 日本限定盤+US盤ボーナス7曲追加ヴァージョン【初回数量限定生産2,000セット/Blu-ray/日本語字幕付】
(2013/05/15)
ザ・ローリング・ストーンズ、ミック・ジャガー 他

Amazon.co.jp で商品詳細を見る


 発売予定日は2013年5月15日です。 


 昨年末にリリースされたザ・ローリング・ストーンズ結成50周年記念ドキュメンタリー『クロスファイアー・ハリケーン』が、2013年5月下旬発売予定のUS盤のみ収録予定のボーナス映像、60年代の秘蔵ライヴ映像7曲を追加して緊急発売決定!

 寺田正典氏によるUS盤ボーナス映像の詳細解説、オフィシャル・フォトグラファー有賀幹夫氏によるロンドン、ニュージャージーでの50周年ライヴ特別寄稿も追加で封入した日本限定仕様! 2,000セットの数量完全限定生産!!

【初回数量限定生産2,000セット/Blu-ray/日本語字幕付】


-追加ボーナス映像-
■ポール・ウィナーズ・コンサート '64
'64年4月26日にロンドンのウェンブリー・エンパイア・プールで行なわれた、英国の音楽誌『NME (New Muscial Express)』主催の「ポール・ウィナーズ・コンサート」映像
[収録曲]ノット・フェイド・アウェイ / アイ・ジャスト・ワナ・メイク・ラヴ・トゥ・ユー / アイム・オールライト

■ポール・ウィナーズ・コンサート '65
'65年4月11日に行なわれた「ポール・ウィナーズ・コンサート」映像
[収録曲]ペイン・イン・マイ・ハート / ラスト・タイム

■アーサー・ヘインズ・ショウ '64
'64年2月8日に英国ATVで放送された「アーサー・ヘインズ・ショウ」での映像
[収録曲]アイ・ワナ・ビー・ユア・マン / ユー・ベター・ムーヴ・オン

-日本盤追加仕様-
■追加ボーナス映像に関する寺田正典氏による詳細な書き下ろし解説
■特別寄稿:オフィシャル・フォトグラファー有賀幹夫がファインダー越しに見たストーンズ50周年ライヴ~ロンドン、ニュージャージーでの50周年ライヴを撮影した有賀幹夫の目に映った“ストーンズ"とは~

【仕様】
本編 約110分 / ボーナス映像 約31分 / 追加ボーナス映像 約25分
音声:リニアPCMステレオ / DTS HDマスターオーディオ
画面サイズ:16:9 / 4:3


【本編解説】
 ザ・ローリング・ストーンズの50年の軌跡を完全網羅した決定版ドキュメンタリー映像作品が遂に完成!

 なんとタイトルは「クロスファイアー・ハリケーン」で、彼らの代表曲である「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」の歌詞の冒頭に登場するストーンズファンお馴染のフレーズ。1962年にデビュー、今年で結成50周年を迎えるストーンズは今年さまざまなイベントや関連リリースが続いたがアニヴァーサリー・イヤーの掉尾を飾る記念すべき作品となる。

 これまで『ビデオ・リワインド』(1984)、『25X5/ROLLING 63-89』(1989)など、バンドの歴史をたどった映像作がリリースされてきたが、本作はそれをはるかに凌ぐ超大作。
 未公開を含む数千時間の映像、数万枚の写真、数十曲の未発表テイクを含む膨大な音源から選りすぐった、マニアすら驚愕する作品となっている。

 初期のクラブ・ライヴの混沌からオルタモント、ハイド・パークなどの巨大なスタジアム・ショー、レコーディング・スタジオからバックステージ、ホテル、飛行機、自宅まで、カメラは潜入していく。

 バンドの現存する歴代メンバーが全面協力、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ、チャーリー・ワッツ、ロニー・ウッド、ビル・ワイマン、ミック・テイラーがインタビューで語っており、さまざまな事実が初めて明かされる。

 本作の監督は、ブレット・モーゲン。『くたばれ! ハリウッド』(2002)で伝説の映画プロデューサー、ロバート・エヴァンズの視点から見たハリウッド映画史を映像化したモーゲンを得て、本作は単なるドキュメンタリーを超えたリアルなロックンロール・ドラマとなった。

 プロデューサーのヴィクトリア・ペアマンは、『シャイン・ア・ライト』と『ストーンズ・イン・エグザイル~『メイン・ストリートのならず者』の真実』(2010)のプロデュースを手がけるなど、ストーンズ映像作品となじみ深いプロデューサーだ。

 ロンドンのブルース・クラブのアウトサイダーから“史上最高のロックンロール・バンド"へ。
 半世紀におよぶドラマは、今なお続く。

 ストーンズ・ファン、全ロック・ファン、いやすべての音楽ファンが見るべき記念作品であることは言うまでもないだろう。


 THE ROLLING STONES 『CROSSFIRE HURRICANE』字幕付きトレーラー




関連記事

テーマ:新商品 - ジャンル:ニュース

トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 NEWS 104 いろいろ新製品 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。